くらし情報『貴重なMoMA所蔵の名作をフィルムで上映!』

2014年10月22日 15:13

貴重なMoMA所蔵の名作をフィルムで上映!

貴重なMoMA所蔵の名作をフィルムで上映!
“MoMA”の通称で知られるモダンアートの殿堂“ニューヨーク近代美術館”が所蔵するのは絵画や彫刻といったアート作品だけではない。実は映画部門もある同ミュージアムのフィルム・コレクションは2万2000作品以上と世界最大級。この度、その貴重なフィルム・コレクションを目にできる特集上映が開催される。

その他の画像

コミュニティシネマセンター、東京国立近代美術館フィルムセンター、東京国際映画祭、MPA、日本国際映画著作権協会の共催企画『MoMAニューヨーク近代美術館映画コレクション』は、MoMAの膨大な映画アーカイヴから厳選した作品の数々をフィルムで上映する試み。実現した経緯をコミュニティシネマセンターの岩崎ゆう子事務局長はこう明かす。「ここ数年、映画は撮影及び上映方法もデジタル化が進み、フィルムでの上映が消えつつあります。ただ、これまで多くの作品がフィルムで保存され、デジタル化されているものはごく僅か。この現状を踏まえ、コミュニティシネマセンターでは“Fシネマ・プロジェクト”として、フィルム文化を伝え守ることに力を注ぐ活動をしてきました。今回はその活動の一環でようやく実現した企画です」

ラインナップを見ると今年生誕120周年を記念して『駅馬車』『静かなる男』のデジタル・リマスター版が上映され好評のジョン・フォード監督の初期作品『香も高きケンタッキー』や、そのフォードの盟友であるジョン・ウェインの初主演作『ビッグ・トレイル』などの映画史に名を残す作品がずらり。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.