くらし情報『『ターザン:REBORN』主演俳優が語る“父との思い出”』

2016年6月17日 11:57

『ターザン:REBORN』主演俳優が語る“父との思い出”

『ターザン:REBORN』主演俳優が語る“父との思い出”

ターザン:REBORN』撮影中のアレクサンダー・スカルスガルド


アレクサンダー・スカルスガルドが7月公開の『ターザン:REBORN』で主演を務めている。アレクサンダーは、名優ステラン・スカルスガルドの息子で、ターザンを演じた背景には“父との思い出”があったという。

ターザン:REBORN』/その他の画像

アレクサンダーは、スウェーデン出身で、『バトルシップ』などの大作映画に出演する一方、ラース・フォン・トリアー監督の『メランコリア』にも出演するなど、幅広いジャンルで活躍している。『ターザン…』では役作りのために徹底的に肉体を鍛えあげて、伝説的なヒーローの外見を追求し、同時に、ジャングルで育つも、現在は英国で暮らすターザンが愛する妻のために“内なる野生”を呼び覚ましていく過程を見事に演じている。

アレクサンダーは以前からターザンのファンで、この役を演じるに際し「幼い頃の夢が叶った」と語っているが、幼い彼に『ターザン』を見せたのは父ステランだった。ステラン・スカルスガルドはスウェーデンを代表する実力派俳優で、『パイレーツ・オブ・カリビアン』や、『アベンジャーズ』などハリウッドの大作映画にも出演している名優だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.