くらし情報『【ナビスコ杯連載Vol.2】決勝はカタいか、一方的展開の両極端?』

2012年10月9日 16:03

【ナビスコ杯連載Vol.2】決勝はカタいか、一方的展開の両極端?

【ナビスコ杯連載Vol.2】決勝はカタいか、一方的展開の両極端?
一発勝負のファイナルでは、「カタいゲームになる」とも言われている。1-0や2-0、2-1のスコアが過半数を占めるが、0-0のままPK戦に突入したのは3度ある。一方、4ゴール差以上つけての圧勝劇も3度ある。2010年、ジュビロ磐田5-3サンフレッチェ広島のような乱打戦は、決勝の大舞台ではなかなか実現しないと言える。

ヤマザキナビスコカップ 大会情報

一発勝負では早い時間帯で失点をしないのが鉄則である。最後の90分(あるいは120分+PK)で、勝者と敗者の残酷なまでのコントラストを描く決勝ならばなおさらだ。慎重な入りが、1点が重いヒリヒリした戦いに昇華していく。

また、ファイナルの楽しみのひとつに、コレオグラフィがある(コレオグラフィ=旗や紙などを掲げ、チームカラーやユニフォームの模様、メッセージなどを浮かび上がらせる人文字のこと)。選手入場に合わせ、両軍サポーターがチームを鼓舞するメッセージを送るのは、ナビスコカップ決勝の恒例の風景である。圧巻のコレオグラフィがファイナルの期待感をさらに高めることは言うまでもない。

そして、ナビスコカップと切っても切り離せないのが、ニューヒーローの存在だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.