くらし情報『説得力ある歌声で人間を描く日本版『タイタニック』』

2015年3月17日 11:00

説得力ある歌声で人間を描く日本版『タイタニック』

説得力ある歌声で人間を描く日本版『タイタニック』
英国客船タイタニック号の沈没事故を描いたミュージカル『タイタニック』。ピーター・ストーン原作、『NINE』『グランド・ホテル』などで知られるモーリー・イェストンの音楽・作詞で1997年にニューヨーク・ブロードウェイで初演され、同年のトニー賞では最優秀ミュージカル作品賞など5部門で受賞したこの舞台、2013年にはロンドン・ウエストエンドでトム・サザーランドの新演出版が誕生。この新演出版が日本初上陸し、現在東京・Bunkamuraシアターコクーンで上演中だ。開幕後3日目にあたる3月16日(月)の舞台を観た。

新演出版ミュージカル『タイタニック』チケット情報

そもそものブロードウェイ版ではタイタニック号の船体そのものを主役とするような大掛かりな舞台装置を駆使したスペクタクル・ミュージカルとして話題になっていたが、今回日本で上演されているウエストエンド版ではタイタニックに乗り合わせた人間たちに焦点が当てられた濃厚な人間ドラマになっているのが特徴。舞台装置は極めてシンプルで、ステージには船の甲板とバルコニー、そして可動式のタラップがあるのみ。このタラップや時々登場する机や椅子などの小道具などは、すべてキャストたちが自ら動かしていることも印象的だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.