くらし情報『伊藤靖朗、原嶋元久、庄野崎謙が語る前代未聞の挑戦』

2017年3月3日 18:45

伊藤靖朗、原嶋元久、庄野崎謙が語る前代未聞の挑戦

左から、庄野崎謙、原嶋元久、伊藤靖朗

左から、庄野崎謙、原嶋元久、伊藤靖朗


見て、歩いて、参加する移動参加型演劇『SAFARING THE NIGHT/サファリング・ザ・ナイト』が3月2日、東京・すみだパークスタジオ特設会場で開幕した。果たしてどのような作品なのか。開幕を直前に控えた某日、演出・脚本を手掛ける伊藤靖朗(「舞台芸術集団 地下空港」主宰)、出演者の原嶋元久、庄野崎謙に話を聞いた。

『SAFARING THE NIGHT/サファリング・ザ・ナイト』チケット情報

シェイクスピアの『夏の夜の夢』を下敷きに、猛スピードで発展する人工知能と近未来を描く本作。物語は、対立するふたつの巨大AI(人工知能)企業体・オベロンとタイタニアが遂に歴史的結合を実現することになり、その式典参加の候補者たちが事前に集められるが――というもので、観客は2種類のゲート(オベロン/タイタニア)からこの世界に参加する移動型演劇だ。

「ひとつの夜に起きる大事件にふたつの側面から入って行って、旅していただきます。歩いたり、登ったり、降りたり。お芝居も真ん中ではなく、お客様の隣とか、後ろとか、ありとあらゆるところで行われます」(伊藤)。公演専用のスマホアプリもあり、さまざまな角度から参加できるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.