くらし情報『中島ヨシキ、高橋広樹、南早紀の3人が織りなす音楽朗読劇『ジキルvsハイド』』

2019年11月1日 17:05

中島ヨシキ、高橋広樹、南早紀の3人が織りなす音楽朗読劇『ジキルvsハイド』

(左から) 高橋広樹、 中島ヨシキ、南早紀

(左から) 高橋広樹、 中島ヨシキ、南早紀


音楽朗読劇『ジキルvsハイド』が2019年11月4日(月・祝)によみうりホールで上演される。原作は、19世紀末のロンドンを舞台としたロバート・ルイス・スティーヴンソンの小説『ジキル博士とハイド氏』。これまで多くの舞台化や映画化がなされてきたが、今回の音楽朗読劇は、登場人物を3人に絞り、地の文で状況を説明しながらセリフを発するスタイルだという。出演する、中島ヨシキ(ジキル博士とハイド氏役)、高橋広樹(アタソン役)、南早紀マリー役)の3人に話を聞いた。

【チケット情報はこちら】

2018年の初演にはアタソン役を演じた中島。当時ジキル博士とハイド氏役だった江口拓也の演技を見ていたこともあり「自分の役のイメージは何となくできていた」というが、高橋のアタソン役は「自分が初演時にやったものとは全く違うもの」で、「再演ならではの楽しさがある。のびのびとやらせてもらっている」。その上で、「朗読劇は基本的には声と音楽だけ。それができる声優の真骨頂をお客様に見せられる機会になればいいなと思う」と話した。

すでに10月に2公演を終えた高橋は「キャストが違えば、空気も違う。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.