くらし情報『地味に辛い!「名もなき家事」で何がいちばんイヤ?』

地味に辛い!「名もなき家事」で何がいちばんイヤ?

2018年4月1日 11:50
 

「名もなき家事」とは、料理をつくる、お皿を洗う、洗濯を干すなどの目に見えるわかりやすい家事に比べると、「玄関の靴をしまう」、「洗濯の分類をする」、「トイレットペーパーの補充」など、はっきり名称のない家事のこと。

しかし、その“ちょっとしたこと”をしなければ家を保つことはできません。

また、旦那さんたちからしてみれば、おそらく“ちょっとした”ことなのではないだろうかと思います。

今回は、そんな地味で大変なのに家族にはなかなか理解にくい「名もなき家事」についてのお話です。

地味に辛い!「名もなき家事」で何がいちばんイヤ?


■ 働く主婦が激白!地味に辛い「名もなき家事」で一番何が大変?
靴

HHImages / PIXTA(ピクスタ)

「家族4人分の靴を下駄箱にしまうこと。ゴミ出し、外出で違う靴を履いてしまわないから、すぐいっぱいになってしまう」(30歳/フルタイム)

「洗濯物を分類分けするのが大変。働いているので、洗濯物は週末にひとまとめで行うため、オシャレ着と普通のものにわけるのも一苦労」(32歳/フルタイム)

「トイレットペーパーの補充が何気にストレスですね。それなのに、旦那には『それって家事なの?』なんて言われる始末」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.