くらし情報『家が狭く、中2の娘に子ども部屋を作ってあげられないことに罪悪感が…【風水で解決】』

家が狭く、中2の娘に子ども部屋を作ってあげられないことに罪悪感が…【風水で解決】

2018年7月13日 21:30
 

家や家族に関する、さまざまな悩み。

もしかしたら“風水”に解決のヒントが見つかるかもしれません。

風水コンサルタントの種市勝覺(たねいち しょうがく)先生が、あなたの悩みを、風水の観点から、解決します!

■ Q: 「家が狭くて中2の娘に個室を作ってあげられないのが悩み。でも引越すことは難しく…」
種市先生

撮影難波雄

家については特に言えることですが“よそはよそ、うちはうち”。

この「大前提」をふまえた上で考えていくとよいかと思います。
女子中学生

プラナ / PIXTA(ピクスタ)

たしかに風水でも子ども部屋を与えることは、子どもの成長においてとても大切だと考えます。

アイデンティティを確立する思春期は、何でもかんでもオープンにさらしたくないデリケートな時期。

親からの視線と離れた空間で、自分がどう過ごすかを選択することは、自己を確立することでもあるので、子ども部屋が大切なんですよね。

また、プライベートな境界線スペースがあることで“個としての時間を尊重されている”と感じるものです。

■ カーテンやパーテーションで仕切るという手も
パーテーション

アキラ / PIXTA(ピクスタ)

ただし、家のスペースには限界があるので、個室を設けることが難しいケースも当然あるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.