くらし情報『おもしろ外観の家シリーズ「知りたい!どうしてそうなった?」vol.2』

2018年7月8日 17:50

おもしろ外観の家シリーズ「知りたい!どうしてそうなった?」vol.2

そんな思いから誕生したのが、「巨大テント」のような家でした。

敷地全体に屋根をかけたこの家の1階には、LDKとほぼ同じ広さの庭「アウターリビング」があります。そして、ガラスの引き戸をフルオープンにすると部屋の中と外が一体になるのです。

「巨大テント」のような家


家全体が室内なのか屋外なのか判然としない大空間は、子どもたちが伸び伸びと遊べる工夫もたくさん!

子ども達が自然とアクティブに庭で元気よく遊ぶので、親もその姿を真横で見ながら安心して暮らせるのだとか。

家族の絆も深まりそうですよね。

さて、「巨大テントのような家」の一部をちょっと覗いてみましょう。

記事はこちら

■ “電車リビング”がある遊び心いっぱいの家
電車の家


家の敷地に駐車しているのは車……、ではなく電車!

通りがかった誰もが思わず二度見してしまう、驚きの家です。

なんでも、叔父が購入した電車を受け継いで、そのまま自宅の一部にしてしまったのだとか。

電車の家


電車は、家を駅舎に見立てセカンドリビングとして活用。

細長い空間を生かして、子どもたちが走り回れるプレイルームとしても利用してます。

この存在感抜群の電車の家、住み心地はどうなのでしょうか?さっそく、家の中がどうなっているのかチェック!

記事はこちら

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.