くらし情報『住宅ローン審査に通るために、絶対に押さえておきたいポイント2つ』

2019年1月30日 21:30

住宅ローン審査に通るために、絶対に押さえておきたいポイント2つ

住宅を購入するのに使う住宅ローン。ほとんどの人が絶対に審査にパスしたいと思うはずです。

しかし、仮審査で通過したのに本審査で落とされてしまったという人も意外にいるようです。

今回は、審査の基準や押さえておきたいポイントと、ローンの特徴をご紹介します。これを知れば、自分に合ったローン商品を探すことができ、ローンも通りやすくなるはずです。

■ 1. 住宅ローン審査の流れをきちんと把握しよう
住宅ローン申し込み

metamorworks / PIXTA(ピクスタ)

一般的に「事前申し込み」→「仮審査」→「本申し込み」→「本審査」→「契約」→「融資実行」の順で行われます。

事前申し込みは、金融機関またはインターネットで申し込みを行い、3~4営業日程度で結果が出ます。
金融機関

ふじよ / PIXTA(ピクスタ)

本申し込みには、 売買契約書、重要事項説明書、工事請負契約書のほか、本人の収入や身分を証明する書類が必要です。

では、具体的な審査についてお教えいたしましょう。
1-1審査で何を調べるのか?
審査では、「年齢」「所得」「借入金の上限」「借入期間」「借り入れ時の年齢」などの個人情報を調べ、融資内容と照らし合わせ、きちんと返済できるかを調べます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.