くらし情報『住宅ローンの「借り換え」で得するための見直しポイント3つ!【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】』

2019年3月2日 21:30

住宅ローンの「借り換え」で得するための見直しポイント3つ!【ハウスメーカーに5年勤めて分かった!】

返済を見直すポイントは以下の3つです。
  • 借りた当初よりも金利が下がっていれば、金利の低いものに借り換える
  • 繰上返済をする
  • 金利プランを変更する
  • では、見直すポイント3つのそれぞれを詳しく説明していきます。
    1.金利の低いものに借り換える
    住宅ローンを借りた当初よりも金利が下がっていれば、借り換えをする方法があります。
    ローン返済

    xiangtao / PIXTA(ピクスタ)

    例えば、平成25年の7月に住宅ローンをフラット35で借りたとします。

    そのときの金利が2.050%で、現在が1.310%となっています。その場合のシュミレーションを見てみましょう。
    フラット35 借入金額:3,000万円 返済期間:30年 元利均等返済
    金利2.050%の場合→毎月返済額:111,637円
    金利1.310%の場合→毎月返済額:100,823円

    以上のような結果となり、約1万円の節約が可能です。

    年間にすると12万円なので、大きいですよね。
    12万円

    natsumi.k / PIXTA(ピクスタ)

    金利が低いものに借り換えすることで、毎月の返済額だけでなく、総返済額の負担も減らすこともできます。
    2. 繰上返済をする
    繰上返済をしたり、返済期間を延ばすことも可能です。

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る
    エキサイトのおすすめサービス

    Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.