くらし情報『フラット35「買取型」と「保証型」の違いは?金利は金融機関によって比較を』

2019年5月24日 21:30

フラット35「買取型」と「保証型」の違いは?金利は金融機関によって比較を

「フラット35」は、2003年に住宅金融公庫が発売した住宅ローンです。

住宅金融公庫は2007年に独立行政法人住宅金融支援機構に生まれ変わり、同時にフラット35はシェアを伸ばしました。

その理由は時代のニーズに応えた商品改善や、取り扱いの条件を変更したことが理由です。

現在のフラット35は、完済まで金利がずっと変わらない全期間固定金利型です。

各金融機関で取り扱っていますが、フラット35の適用金利は窓口になる金融機関によって異なります。

■ 1. いろいろなバリエーションがある「フラット35」
新築住宅

ララ / PIXTA(ピクスタ)

現在、フラット35では、融資限度額が物件価格の100%に引き上げられ、住宅ローンの借り換えやリフォーム費用と一緒に借り入れることも可能になっています。

また、民間の金融機関から、固定金利で借り入れをしていた人は、フラット35を利用することで全期間固定金利にすることができるようになりました。

以下のように色々なプランがあります。

・フラット35
スタンダードのフラット35です。最長35年の全期間固定金利の住宅ローンです。

・フラット35S
省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得する場合に、フラット35借入金利を一定期間引き下げることができます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.