くらし情報『土地購入後に環境が激変する「前建て不安」を解消するポイント』

2019年3月4日 21:30

土地購入後に環境が激変する「前建て不安」を解消するポイント

役所には建築関係の部課があり、そこに行けば詳細を教えてもらえます。
2. 容積率、建ぺい率で予測する
土地

kawamura_lucy / PIXTA(ピクスタ)

「建ぺい率」とは、敷地面積に対してどれだけの割合までなら建物を建てていいかをパーセントで表すものです。

建ぺい率が60%なら、敷地面積が100平方メートルの敷地に最大60平方メートルの家を建てることができます。

「容積率」とは、敷地面積に対する延床面積のこと。

50~1,300%と土地によって大きな差があります。

100%より大きければ大きいほど高さのある建物が建てられます。

建ぺい率80%、容積率800%であれば10階以上の建物が建てられる可能性が高くなります。

つまり、土地が広ければ広い程高い建物を建てられるようになるので、複数の空き地を確保することでタワーマンションが建てやすくなります。

各用途地域には、建ぺい率、容積率が指定され、それに地域条例などが加味され、どんな建物を建てられるかが決まってきます。

■ まとめ
駐車場

YNS / PIXTA(ピクスタ)

駐車場や広い空き地がある場合は、将来的に建物が建つ可能性が高いでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.