くらし情報『取扱説明書の収納は「カテゴリー分け」NG!「ナンバリング」がいい理由』

2019年4月12日 17:50

取扱説明書の収納は「カテゴリー分け」NG!「ナンバリング」がいい理由

「この取説ある?」と家族に聞かれるだけでイライラする。

家電を新しく買って、箱を開けて、使い方を読んで、使ってみて……、そこまではどんなにワクワクしていても、取説をしまう段階で、なんだか気分が良くない。

どうしてだろう?

それは、カテゴリーに分けるという行為が、案外脳にとって面倒な作業だから。

例えば、子ども部屋の小型ヒーター。これは「子ども」に入れる?「生活家電」に入れる?

例えば、めがね。子どものものは「子ども」へ。あれ?大人のはどこに入れる?

よく考えて、きちんと分けていけばいいのかもしれないけれど、だんだんと面倒になってきて、ポイっと放り込んだら最後、もうどこに入れたかわからなくなる。

洗濯機を買い替えても、新しい取説を突っ込んだところで終わってしまい、処分した洗濯機の取説はファイルボックスに放置されたまま、いつしか大量の取説を抱えることになっていました。

というわけで、「カテゴリーにわける」という思い込みを手放し、代わりに取り入れたのは「ナンバリング」という形でした。■ 探しやすく、処分しやすい!取説管理に必要なのはそれだけ!

まずは、手元にある取説をすべて出します

取説


次に分けていきますが、ここでつい「家電」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.