くらし情報『タイル汚れに苦戦して9年。たどり着いた答えは「目地クリーン」でなぞるだけ』

2021年9月15日 20:45

タイル汚れに苦戦して9年。たどり着いた答えは「目地クリーン」でなぞるだけ

モザイクタイルの目地


水回りをおしゃれな雰囲気にしたいと、モザイクタイルを使う人が増えています。しかし、毎日使っていると、目地の汚れが目立つようになり、掃除が大変なのが難点。

9年前に家を建てた日刊住まいライターも、洗面台にモザイクタイルを使用。使っているうちに、目地の汚れや黄ばみが気になり悪戦苦闘。そしてたどりついたのが、修正液のようなペンタイプの塗料「目地クリーン」でした。

実際に使ってみると、目地が新築当時と同じ白さになり感動。さっそくレポートします。

■ モザイクタイルを採用するだけで、特別な空間になる洗面台

TOTOの丸型の洗面ボウルと組み合わせたモザイクタイル

わが家の洗面台に採用したのは、一辺が2.5㎝の青味がかかった小ぶりのタイル。TOTOの丸型の洗面ボールと組み合わせました。

タイル選びはサンプルで小さなもので見るのと、広範囲で取りつけた場合とでは、大きく印象も変わります。そこで、あまり主張しすぎないカラーのものを選びました。

実際に施工してもらったときには「なんてすてきなんだろう」と感動。タイルの光沢も清潔感があって、汚れてもふき取ればいいのかなくらいに思っていました。

■ 目地の汚れは、クエン酸や重曹を使っても十分にきれいにならず

モザイクタイルの目地は汚れやすい


予想通りタイルについた汚れもふき取るだけで落ちますが、問題は目地の汚れでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.