くらし情報『文字が3種類もあるのは日本だけ!池上彰が教える「文字」の歴史』

2015年10月9日 15:00

文字が3種類もあるのは日本だけ!池上彰が教える「文字」の歴史

文字が3種類もあるのは日本だけ!池上彰が教える「文字」の歴史


難しそうな問題も、中立な立場でわかりやすく解説してくれるジャーナリストの池上彰さん。

聞くに聞けないさまざまな疑問を解決してくれる、頼もしい存在です。

『池上彰のニュース そうだったのか!! 1 日本人なら知っておきたい「実はみんな知らない日本」』(池上彰著、SBクリエイティブ)は、テレビ朝日の同名人気番組を書籍化したもの。

なかなか人には聞けない数々の話題について、わかりやすく解説してくださっています。

きょうはそのなかから数字に関連したトピックをご紹介しましょう。

■3種類の文字を使う国は日本だけ

日本ではひらがな、カタカナ、漢字が使われていますが、このように3種類の文字を使っている国は日本だけ。

世界中のほとんどの国は1種類で、多くても2種類の文字しか使われていないのだそうです。

■大和言葉を表す文字がなかった

ところで、日本でもともと使われていたことばを「大和言葉(やまとことば)」といいます。

しかし大和言葉には、それを表す文字がなかったというのです。

そこで中国から漢字を輸入し、その漢字を崩して書いているうちに、ひらがなやカタカナが生まれていったということ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.