くらし情報『患者数100万人以上!うつの友人に言ってはいけない7つのこと』

2016年8月22日 19:32

患者数100万人以上!うつの友人に言ってはいけない7つのこと

目次

・1:「どうしてうつになったの?」
・2:「テンションの落ちるときってあるよ。心配しないでいいよ」
・3:「外出してみようとしている?」
・4:「薬の常習性が怖くないの?」
・5:「ポジティブな考え方が役立つと思うよ」
・6:「いい代替療法を紹介するよ」
・7:「友だちでこんなスゴイことをやった人がいてね」
shutterstock_289596209


うつは決して珍しい病気ではありません。

現在、日本では100万人を超える人が、うつ病で医療機関を訪れています。受診せずに苦しんでいる人を含めると、もっと多いことでしょう。

自分はそうでなくても、自分の周りで苦しんでいる人も多いだろうと思わせる数字です。

うつになったときには、辛かったことを吐き出したり、親しい誰かに打ち明けたりすることが大切だといわれています。人と話すことが解決につながるとも、よく聞きますよね。

でも、話すことの大切さを強調するだけでは片手落ちです。聞く方はどう聞き、どう返事をすればよいのでしょう?

自分が聞く立場になることも大いにありえますから、ぜひ、指針や目安がほしいですね。

そこでアイルランドの情報サイト『Lovin Dublin』が報告した、うつになった友人の話を聞くときにいってはいけないこと7つのことをご紹介します。

ちなみにアイルランドでは、約40万人がうつ病で苦しんでいるのだそうです。

アイルランドの人口は約464万人と日本の約3.6%ですが、うつ病人口は日本の40%ほどで、割合はかなり高めです。

■1:「どうしてうつになったの?」

うつには明確な理由や解決策がないこともあります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.