くらし情報『思わず「えっ?」となってしまう!歴史にまつわる面白い数字5つ』

2015年1月9日 18:00

思わず「えっ?」となってしまう!歴史にまつわる面白い数字5つ

実はヒトラーは死の瞬間まで、パーキンソン病に苦しんでいたため、大量の薬を摂取していたのです。その中には、覚醒剤であるメタンフェタミンや、コカインがあった、とのこと。

これは当時のドイツ医学で、治療の手がかりがなかったから、というのもあります。ちなみに晩年は菜食主義で、しかも肉どころかお酒もほとんど口にしなかったそうです。

■3:イギリスの詩人・バイロンは、どこへ行く時も雁4羽と一緒だった!

19世紀を代表する詩人バイロン。詩集『チャイルド・ハロルドの巡礼』が売れに売れて、本人が「寝て起きたら、有名になっていた」と語ったことが有名です。

彼は、「君のために世界を失うことがあろうとも、世界のために君を失いたくない」などという、J-POPの歌詞にありがちな詩も残しています。

恋愛の詩が多く、その中にも雁が出てきます。連れて歩くぐらい好きだったんですね。■4:イギリスの処刑台タイバーン・ツリーで、15分も首をつられても死ななかった人がいる!

1705年の出来事。ジョン・スミスは侵入罪のため、タイバーン・ツリーと呼ばれる木製の絞首台で首つりの刑を受けました。

しかし最悪なことに、首をつられて15分が経過した頃「刑執行を延期せよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.