くらし情報『アメリカでは妊娠9ヶ月で出産!日本と海外で妊娠期間が違う理由』

2015年6月6日 21:00

アメリカでは妊娠9ヶ月で出産!日本と海外で妊娠期間が違う理由

アメリカでは妊娠9ヶ月で出産!日本と海外で妊娠期間が違う理由
私たち日本人は、“10月10日(とつきとおか)”なんて言うように、通常は妊娠10ヶ月目で産まれてきますよね。

でも、妊娠10ヶ月で産まれてくるのは日本の風習です。アメリカを始め世界の多く地域では、なんと妊娠9ヶ月で産まれてきます。

だからと言って、別にスピード出産しているわけではありません。それは、数え方の違いから来ています。

日本では4週間を、1ヶ月として、計算します。しかしアメリカでは最初の6週間が1ヶ月目、そして2~8ヶ月目までは日本と同じ4週間で、最後の9ヶ月目が、また6週間あります。

どちらも同じ40週なのですが、日“4444444444”なのに対し、米“644444446”になるんですね。数え方が違うので、産まれてくる月数も違うのです。

でも、今度は「なんで最初と最後が6週間なの?」と思いますよね。この2週間の差は何なのか、以下から説明していきます。

■実は日本の“妊娠初日”はミスリード

日本では、前の生理の最初の日を1日目としてカウントし始めます。でも、実際には生理初日に妊娠しているわけでなありませんよね。

実際にお腹に赤ちゃん(胎児)が存在するのは、生理が終わり、排卵が始まり、卵子と精子が受精し受精卵となる2週間後以降です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.