くらし情報『睡眠時間は7~9時間が最適!睡眠に関する新しい研究結果が発表』

2015年6月26日 23:00

睡眠時間は7~9時間が最適!睡眠に関する新しい研究結果が発表

睡眠時間は7~9時間が最適!睡眠に関する新しい研究結果が発表
うっとうしい梅雨の時期は、睡眠をとっても気分がスッキリしないもの。

そこで、最適な睡眠時間や、質のよい睡眠のとり方について、ニュースサイト『Inquisitr』の記事を中心に調べてみました。

■睡眠時間は7~9時間がベスト

米国睡眠医学会と睡眠学会が6月に合同で作成・発表したガイドラインでは、コーヒーなどの刺激物に頼らず活動的に生産性を保つために、最低限7時間の睡眠を勧めています(18~60歳の場合)。

また、ここでは「寝不足を解消したいときや病気のときは9時間以上寝てもよい」と、「寝すぎるとかえって身体によくない」という説を否定しています。

一方、アメリカの非営利団体・国立睡眠財団が今年2月に発表した研究では、以下のように、睡眠不足も睡眠の取り過ぎもよくないとしています。

18~25歳・・・推奨値:7~9時間/不適切:6時間未満/11時間以上

26~64歳・・・推奨値:7~9時間/不適切:6時間未満/10時間以上

解釈が大きく異なる2つの研究ですが、共通していえるのは、成人にとって最適な睡眠時間は7~9時間ということのようですね。

■質の良い睡眠のポイント7つ

ところで睡眠は、長さだけでなく質も大切。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.