くらし情報『人間は1秒4文字までしか認識できない!プロが教える字幕の世界』

2016年1月19日 20:00

人間は1秒4文字までしか認識できない!プロが教える字幕の世界

人間は1秒4文字までしか認識できない!プロが教える字幕の世界


海外の映画やドラマはお好きですか?

母国語でない作品を見るときに切っても切れないのが、字幕や吹き替えです。でも、あの字幕をどうつくるのかご存じでしょうか?

実は、人間が1秒間に読める文字数には限界があるため、字幕翻訳を作る際には、実際のセリフと秒数を考慮して訳語を考えなくてはいけないそうなのです。見ているだけでは、想像もつかないことですね。

そんな字幕の世界について、この道10年の字幕翻訳者、高橋純子さんにお話をお伺いしました。

■人間が認識できるのは1秒4文字!

まず、字幕の基本的なルールから。

字幕は、1秒4文字、1行16文字で2行まで。つまり1枚の字幕に収める字数は最大32文字です。

でも実際には、画面に32文字が並ぶことはほぼありません。ただし企業ビデオなどの場合は1秒5文字、1行20文字でOKだというケースも。

他にも「字幕間は2~3フレーム空ける」「もっとも短い字幕は15~20フレームまで」など、細かい決まりがあるのだとか。

このようなルールができた理由については、「人間が一瞬で認識できる文字列が1秒=4文字だからだと翻訳学校では説明された」と高橋さんは教えてくださいました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.