くらし情報『第一印象より「第二印象」が大事?本音で何でも話せる人の作り方』

2015年7月30日 12:00

第一印象より「第二印象」が大事?本音で何でも話せる人の作り方

コミュニティであること。

逆にいえば、参加して気分が重くなるとか、一緒にいてイライラするような人たちとは、いくらメリットがありそうだとしても近づかない方が賢明。だからそんなときは、フェードアウトしてOK。

好きなことを楽しむだけで、ストレス解消になって人生も豊かになる。そして人脈もできる。まさに一石三鳥の人脈術だというわけです。

■第二印象で勝負することが大事!

「交流会に参加しましょう」というようなフレーズをよく見かけますが、現実的には「交流会は得意」という人の方が少ないのではないでしょうか?

でも、別に行かなければならないものではありません。もしも交流会が苦手なら、思い切って「行かない」という選択をすることも充分にありだといいます。

そもそも交流会で新しいクライアント候補に出会ったとしても、即仕事に結びつくということはまれ。結局は、一から信頼関係を築くことになるはずです。

だとしたら、もともと自分の仕事ぶりを知っている人たちに営業する方が早いという考え方もあります。いくら第一印象ばかりを磨いてみても、そこから長いおつきあいをすれば化けの皮は剥がれてしまうもの。むしろ最初から好印象を強調しすぎると、相手の期待値もさらに高まり、些細なことで失望される可能性もないとはいえません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.