くらし情報『歯の間に食べ物が挟まりやすくなった!歯科医のアドバイスを実践したら…【体験談】』

歯の間に食べ物が挟まりやすくなった!歯科医のアドバイスを実践したら…【体験談】

歯に食べ物が挟まるイメージ


40代半ばになり、最近、食後に歯と歯の間に何かが挟まっている感じがしてちょっと気になります。でも、人前でつまようじを使うのは恥ずかしいので、こっそり洗面所へ。鏡で確認してみるとやっぱり何かが挟まっています。口をゆすいだり、舌や指を使ったりして何とか取ることができましたが、そういうことがしょっちゅう起こるのです。今まではそんなことなかったのに、歯茎の衰えや老化しているってことなの?と不安になりました。

そこで、歯科医にアドバイスしてもらったことを実践したらすごくよかったので詳細をお伝えします。

★関連記事:「早く受診すべきだった!」激痛だった治療で歯医者がトラウマに。でもまた歯が痛みだして…

人前でのつまようじ使用は恥ずかしい

つまようじイメージ


食後に歯の隙間に食べた物が挟まりやすくなってきたと感じる近ごろ。実際に鏡で確認してみると、たしかに何かが挟まっているのです。もちろん、ねぎやえのきだけなどの繊維質の物やごまのようなこまかい物は、今までも歯の間に引っ掛かることはありましたが、その頻度が確実に以前よりも多くなっていました。

よく外食先で年配の男性の方が食後につまようじでシーハーしている姿を見かけますが、「なぜそんなにつまようじを使うのだろう?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.