くらし情報『生命保険に関する意識調査で、「WEB」で調べ「対面」購入の傾向--マネ活』

2010年10月11日 15:00

生命保険に関する意識調査で、「WEB」で調べ「対面」購入の傾向--マネ活

目次

・生命保険は「WEB」で調べ、「対面」で購入の傾向が
・加入・見直しに興味は3割超、高所得者ほど多く
・ネット上での専門家アドバイス活用に4割近くが期待
生命保険に関する意識調査で、「WEB」で調べ「対面」購入の傾向--マネ活
情報提供ポータルサイト『マネ活』を運営するIFAジャパンインシュアランス(株)は、30歳から59歳の男女600名(男女各300名)を対象とした「生命保険に関する調査」として、ネット上でのリサーチを8月31日からの1週間に行い、この結果を発表した。

生命保険は「WEB」で調べ、「対面」で購入の傾向が

生命保険について、「事前の情報収集」、「商品内容の比較」、「実際の購入場所」の3つについて、それぞれ「WEB」と「対面」どちらで行うかを尋ねたところ、
「WEB」で行う割合が高かったのは「事前の情報収集」(45.8%)、「商品内容の比較」(43.0%)
「対面」で行う割合が高かったのは「実際の購入場所(49.0%)」
となり、『生命保険』について「WEB」で調べて、「対面」で購入という傾向がうかがえたという。

加入・見直しに興味は3割超、高所得者ほど多く

全回答者に、生命保険の加入・見直しに興味があるかを尋ねると、「興味がある」(ややあるを含む)と回答したのは35.5%と3割超という結果に。

これを世帯年収別で比較すると、年収901万円以上の高収入層では「興味がある」が43.2%と全体よりも高くなっており、高収入層ほど「生命保険」の加入・見直しに対する関心を示したという。

ネット上での専門家アドバイス活用に4割近くが期待

また全回答者に、専門家(ファイナンシャルプランナーなど)のアドバイスをインターネットで活用したいかについて尋ねると、36.3%が「活用したい」(ややを含む)と回答、4割近くがネット上での専門家への相談に期待する結果だった。

これを年代別で比較すると、50代では33.5%が「活用したくない」と回答し、高年齢層ではネット上での専門家への相談に抵抗感があるという結果だったとのこと。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.