くらし情報『損保協会、2010年10月から試験制度を大きく変更』

2010年11月11日 16:00

損保協会、2010年10月から試験制度を大きく変更

目次

・新たに、「損害保険募集人一般試験」を実施
・試験の合格が要件に
損保協会、2010年10月から試験制度を大きく変更

新たに、「損害保険募集人一般試験」を実施

社団法人日本損害保険協会は5日、現在実施中の損害保険募集人向け「損害保険募集人試験」と「商品専門試験・研修」の2つの試験・教育制度を統合し、2010年10月から新たに「損害保険募集人一般試験(損保一般試験)」を実施することを発表した。

試験の合格が要件に

損保一般試験は、募集人が契約者に対して保険商品に関する重要事項等をきちんと説明するための知識を持っているかどうかを判定するもので、保険募集のための要件とされ、これにより業界全体のさらなる品質向上を図る。

これまでの試験・教育制度では、試験・研修に合格・修了できなかった場合、その募集人の取扱いについては各保険会社の判断に委ねられていたところを、損保一般試験では、業界共通のルールとして本試験の合格が保険募集のための要件となる。

なお、現行の募集人試験および商品専門試験については一定の移行措置を講じるとのこと。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.