くらし情報『【子育てパパ・ママのための、お金の習慣】借り換えの常識が変わった? 住宅ローンメンテナンス3つのポイント』

2014年3月13日 00:00

【子育てパパ・ママのための、お金の習慣】借り換えの常識が変わった? 住宅ローンメンテナンス3つのポイント

住宅ローンの借り換えは「金利差1%以上、返済残期間10年以上、ローン残高1,000万円以上」の条件を満たしたときに効果があるといわれていました。しかし、ローン諸費用の低廉化等により、3つすべてを満たさなくても借り換え効果があるものが増えています。あなたの住宅ローンはメンテナンスが必要か、効果的な借り換えをするために押さえておきたいポイントを3つ紹介します。

借り換え諸費用から逆算して、効果を測定する

目次

・借り換え諸費用から逆算して、効果を測定する
・保証料、事務手数料、金利の3点に注目する
・固定金利から変動金利に借り換えする場合の注意点
・借り換えせずに、金利を下げる方法もあります
’’

借り換えをするのにお金が必要であることをご存知ですか?古いローンを払いきるときに「全額繰上返済手数料」と「抵当権抹消登記手数料」が、新たにローンを組むときに「保証料」「事務手数料」「抵当権設定登記手数料」「契約書貼付印紙税」「司法書士に支払う報酬」がかかります。これらの費用を払っても、借り換えをする価値があるかどうかがポイントになります。いったいいくら位かかるのでしょうか。

表1:借り換え諸費用
’借り換え諸費用の表’

※1抵当権抹消登記
※2消費貸借にかかる借用書


抵当権抹消登記手数料と抵当権設定登記手数料、契約書貼付印紙税は、どの金融機関を利用しても同じ額です。借入額1,000万円であれば、3つ合わせて5万2,000円(=抵当権抹消登記手数料(土地+建物2,000円)+抵当権設定登記手数料4万円+契約書貼付印紙税1万円)となります。司法書士手数料は誰に頼むかによって金額は異なりますが、一般的には5万円(+税)程度です。保証料と事務手数料を除いても、10万4,500円の費用が発生することになります(消費税5%で計算)。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.