恋愛情報『励ましているつもりでも…相手の「疲れが増す」言葉3つ』

2022年3月4日 17:30

励ましているつもりでも…相手の「疲れが増す」言葉3つ

恋人を気遣って発した言葉が、相手を傷つけていることもあるようです。

今回は、疲れているときに言われたくないことについて3つピックアップ。

早速チェックしていきましょう。

励ましているつもりでも…相手の「疲れが増す」言葉3つ


■ 「自分も疲れてる」

「共感は、してほしいときとしてほしくないときがあると思うんです。疲れについては、後者です。
だって『わたしだって疲れてる』だともう会話がそれ以降続きませんよね。
あぁそう、だからどうしたの?みたいな流れになってしまって気まずいです。
だから、わたしだって疲れてる発言はちょっと嫌ですね。頑張ってるアピールみたいに感じてしまいます」(20代男性/スポーツインストラクター)

もしも恋人が「疲れた」とため息をついたとき。

つい「自分も疲れてる」と言ってしまいたくなるでしょう。

しかし、こんなことを言われたら、男性でも女性でもゲンナリしてしまいますよね。

■ 「大丈夫?」

「大丈夫じゃなくても、答えは大丈夫だよ!の一択。
もっと気の利いたことを言ってほしいなと思ってしまいます。無意味なやりとりは疲れます」(30代男性/プログラマー)

「大丈夫?」は、言う機会が多い気遣いの言葉かもしれません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.