恋愛情報『高確率で運命の人かわかる!…「本命彼氏にふさわしい」男性の言動』

2021年3月11日 20:00

高確率で運命の人かわかる!…「本命彼氏にふさわしい」男性の言動

「お前、そんなんばっかじゃん」

「だよねえー、ザンネンなわたしーー」

カリンはふざけて笑う。茂樹がトイレに行った隙に、修二が話しかけてきた。

「カリンちゃんって苦労したことないでしょ」

「は?」

「実家で暮らしてて、不自由なさそうだし。だから、バイト先の人の気持ちもわからないんじゃない?もっとちゃんとしないと将来落ちぶれるよ」

ムカッ!そしてガーン…

「なんで初対面のあんたにそんなこと言われないといけないの!うち、ひとり暮らしなんか余裕でできるし」

無性に怒りが湧いた。カリンはひとり暮らしの部屋を借りると即決。めんどくさがりのくせに沸騰しやすい、やっかいな性格。「実家出て自立するし」と鼻息荒い。頭金を母親にせがむと、「ま、あんたの自立のための修行だと思って、出したげる」と、あっさり貸してくれた。

「やっぱ、親に頼るってとこがうちの甘いとこかも…」と思ったものの、まずはひとり暮らしだ。4畳一間の部屋しか無理だったが。速攻、近くのコンビニの面接に行って働くことに。

コレがむちゃくちゃキツかった。早朝シフトか深夜枠しか空いてないので、体内時計の調整がうまくできず、ずっと眠い。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.