恋愛情報『お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?』

2019年11月17日 21:00

お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?

目次

・「ふたりの世界」以外の世界も、同じくらい大切と認めてあげる
・「恋愛のためだけに生きている人」ってそんなにいない
・「自分にとって小さなこと」をないがしろにしない
・自分にとって些細な相手の悩みは、相手にとって人生最大の悩み
・悩みは、尊重チャンス!
・自分と同じ「愛し方」を強制しない
・愛情表現の方法は、人それぞれ
・外見を「好き」と言ってあげることってやっぱり大切
・仲良くなってきたからこその外見イジリにご注意
・「好き」って聞かれたとき
お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?


どうもあかりです。愛し合って、そのまま結婚に至るようなカップルって、「『好き』の気持ちが強いカップル」じゃなく「お互いを尊重し合うカップル」だと思うんです。

たとえば片方が相手を「好き」だけど同時にどこか見下しているようなカップルって少なくありませんが、こういうカップルはたいていケンカのときにその「見下し」がぽろっと口からこぼれ出て、言われた方はもう交際を続ける自信がなくなって、別れてしまう。

どれだけ「好き」が強くても、「尊重」がないと幸せになれないのです。では「お互いを尊重し合う」べきところって、具体的に何か、わかるでしょうか?

■「ふたりの世界」以外の世界も、同じくらい大切と認めてあげる

お互いを尊重し合うカップルになりたい。じゃあ「尊重」って具体的に何かわかる?


多くの素敵なカップルを見ていると、「ふたりの世界が一番大事」という意識がお互い驚くほど弱いことに気がつきます。

だから周囲の人からすると「え、それでちゃんとお互いにちゃんと好きなの?」「マンネリなの?」「そんなに少ししか会わないのに、よく付き合い続けてられるねー」みたいに思えてしまうこともあるんだけど、無理なく幸せに続いていくカップルにとって「ふたりの世界」の重要性って、「そこそこ」

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.