恋愛情報『付き合ってからしばらく経っての「落ち着き」が「冷め」か「成熟」かを確かめるコツ』

2020年3月6日 08:00

付き合ってからしばらく経っての「落ち着き」が「冷め」か「成熟」かを確かめるコツ

目次

・愛情表現の回数が減ってきた
・愛情表現が「なくなった」のか「形が変わった」のか
・わかりやすいものだけが愛情表現じゃない
・デートの内容がお決まり化してきた
・「ほかのことがしたくなくなった」のか「これが一番」なのか
・浮気される不安が小さくなってきた
・■「好きじゃなくなった」のか「信頼しているから」なのか
・一緒に居ても別々のことをしている時間が増えてきた
・「暇」か「幸せ」か
・ひとりのほうがいい?
・記念日のお祝いやプレゼントがテキトーになってきた
・「ともそれで満足」か「片方が不満」か
・おわりに
付き合ってからしばらく経っての「落ち着き」が「冷め」か「成熟」かを確かめるコツ


どうもあかりです。

カップルによって個人差はありますが、付き合ってだいたい数か月から1年ほどが経つと、ふたりの間に自然と「落ち着いた雰囲気」が生まれてくると思います。

これは、付き合ってすぐの燃えるような「大好き!」の気持ちがお互いに少し落ち着いてくることによるものですが、それがふたりにとってよいものなのか、よくないのかは、結局、「成熟」なのか「冷め」なのかによるところが大きいでしょう。

みなさんも、「最近、彼となんだか落ち着いてきたな~」と感じたときには、今回ご紹介するコツを使って、それがどっちの意味合いを持つものなのか確かめてくださればと思います。では、「落ち着き」の表れるシチュエーションごとに見ていきましょう。

■愛情表現の回数が減ってきた

付き合ったばかりのころは、あんなに毎回会うたびに「好き、好き」言ったり、キスやハグをしていたのに、いまではそんなことを言ったりしたりはめったにないし、というかなんか恥ずかしい・・・・・・。

そんなふうに感じ始めてしまうというのは、典型的な「落ち着き」のひとつです。ですが、こういう落ち着きが出始めたからといってすぐに落ち込む必要はありません。

関連記事
新着まとめ
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.