いざマンション購入! その前に知っておきたいことまとめ

(c)Tiberius Gracchus - stock.adobe.com

いざマンション購入! その前に知っておきたいことまとめ

マンションの購入を決めたら、考えるべきことがたくさんあります。どのエリアにすべきか。新築にすべきか、中古にすべきか。少しでも安くなる制度はないのか。なにせ大きな買い物ですから、絶対に失敗したくありませんよね。マンション購入に興味のある方に役立つ情報をまとめました。

戸建てや賃貸との違いは? マンション購入のメリット

マンション買おうかな… 持ち家と賃貸のメリット・デメリット今住んでいるお部屋にあと何年いるのかな……マンション購入したほうがいいのかな……なんてこと、考えたことありますか?今回は30代独身女性の「住まい」事情をリサーチし、持ち家と賃貸のメリット、デメリットについて探ってみました。安らぎを与えてくれ、自分を解放してくれる未来の我が家について、ちょっと真剣に考えてみませんか?各世代別、独身女性の持ち家事情ってどうなってる?30代ともなると、ソロライフのためにマンションを購入しようかどうか、頭をよぎることもありますよね。そこで世代別に住宅事情の割合を見て、どのあたりから実際にマンション購入に踏み切るのか調べてみました。[リンクハウス東京都、埼玉県、神奈川県…
住宅購入、一戸建てにはないマンションの魅力マンションには、マンションにしかない特有の設備があります。住宅購入で一戸建てかマンションかで悩んでいる方は、マンション特有の設備も一度チェックしてみるとよいかもしれません。■宅配BOXで、荷物をお預かり2000年より後に建てられたマンションで、標準設備として採用しているところが多いのが宅配BOXです。チルド便や生もの、現金が入った郵便など以外であれば、家にいなくても宅配便を受け取れるようになっています。共働きで家を不在にすることが多い家庭には、とてもありがたい設備といえます。■生ごみを粉砕してくれるディスポーザーシンクの下にディスポーザーが設置されている場合、生ごみを水と一緒にシンクに流すだけ…
子育てしやすいのはどっち? マンション派? それとも戸建て派?結婚や子育てのタイミングで、引っ越しを考える家庭も多いもの。ライフスタイルに合った家探しをするのに、子育てしやすいのはマンションなのか、はたまた戸建てなのか。住宅ローンを組む場合、長い目で考えるとどちらが正解なのでしょうか。そこで、実際に子育てをしながら生活している家庭を調査してみました。先輩ママの意見から自分の生活に合うものを参考にしてみましょう!階段問題、冷や汗ダクダク?!みんなの戸建てあるある近年では2階建て、もしくは3階建てが主流の戸建て住宅。階段のある戸建ては、柵をつけて子供の安全を確保するなど工夫次第。時に忘れ物を3階まで取りにいくなど汗だくな日々もあるようです。しかし、子供の成長…
マンションと一軒家のどちらが良い? - マンションは3割強、その理由とはマンションと一軒家では、リフォームなどの自由度が異なるほか、セキュリティや近所付き合いなど、それぞれに良い部分と悪い部分がある。マンションの良さと一軒家の良さでは、どちらを支持する人が多いのだろうか。今回は、マイナビニュース会員の男女300名に「マンション、一軒家どちらが良いと思いますか?」と質問し、それぞれを選んだ理由を尋ねてみた。Q.マンション、一軒家どちらが良いと思いますか?一軒家 64.7%マンション 32.7%その他 2.7%Q.選んだ理由を教えてください■一軒家を選択 : 自由にできる・「住宅に関する自由度が大きい」(47歳男性/情報・IT/技術職)・「どんどん手を加えて一生ものに…
結婚して家を買うなら……「一軒家」派? それとも「マンション」派?結婚したら、多くの夫婦が夢見る「マイホーム」。でも、どんな家に住みたいかは、意見がわかれるところなのでは。そこで今回は、結婚して家を買うなら一軒家がいいか、それともマンションがいいか、働く女子に聞いてみました。Q.あなたは、結婚して家を買うとしたら一軒家に住みたいですか?それともマンションですか?一軒家……56.5%マンション……43.5%■やっぱりあこがれる!「一軒家」派・「小さいころから、マンションを転々としてきたから一軒家はあこがれる」(25歳/医薬品・化粧品/技術職)・「庭で犬を飼いたいから」(27歳/金融・証券/営業職)・「ガーデニングをしたいので」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務…

マンション購入の前に抑えたい注意点

マンション購入時は要チェック!管理費の相場とヒミツマンションを購入すると、毎月ローンの支払いとは別に「マンション管理費」を支払う必要があります。「毎月かかる費用なら少しでも安い方が」と考えがちですが、住み心地のよい環境を長く維持するためにはとても大切な費用なため、安易に管理費が安いマンションを選んでしまうと後悔することも…。今回はマンション管理費の相場や知っておきたいマンション管理費事情について、分かりやすく解説していきます。■マンション管理費とは戸建てと異なり、マンションにはエレベーターやエントランスホールなど、いくつかの共用部分があります。この共用部分の管理にあてられる費用がマンション管理費です。例えばエレベーターの定期的な点検や日々のメ…
気になる物件の真の姿を知りたいなら「マンションノート」でチェックしよう賃貸・購入を問わず、マンションへの住み替えを考えるとき、皆さんはまずどんな行動に出ますか?こう尋ねると「不動産屋さんへ行く」「不動産サイトを検索する」と答える人が多いのでは。もちろんこれは正しい方法です。でも、必ずしもパーフェクトなやり方とはいえないかも。あるある!実際に住んだ後でトラブルも…不動産屋さんへ出向いて、物件を提示してもらい、内見しに足を運び、部屋中をチェックし、気になるマンションを最終決定―これが通常の手順。そして審査や手続き、引っ越しも無事に終わり、めでたく物件に移り住んでから、「あれ、こんなはずじゃなかったけど?」と戸惑った経験はありませんか?たとえば、早朝や深夜に上下階また…
マンション売却の成功の鍵は内覧にあった!内覧において大切なこととは?マンションを売却する際、内覧は重要なポイントです。もちろん新築マンションでも内覧会はありますが、実際に生活している人の様子を見られるのは中古マンションでの内覧だけ。内覧で好印象を与えられれば、マンション売却の可能性も高まります。今回は、中古マンションでの内覧の重要性や注意点のほか、準備しておきたいことなどについて解説していきたいと思います。マンション売却で内覧が重要な理由最近では、マンション購入に際して新築マンションと中古マンションの両方を比較検討する方が増えています。新築はモデルルームしか見ることができませんが、中古は現物をさまざまな要件に基づいて直接確認することができます。つまり、マンショ…
買ってはダメな中古マンションを見抜く 絶対押さえておきたい「ただひとつの指標」中古マンションを購入するときに何に気をつければいいのでしょうか?最近、中古マンションを購入し、室内を自分たちのライフスタイルに合わせてリノベーションして暮らす世帯が増えています。先日も知人から、中古マンションを購入するときに何に気をつければいい? と聞かれました。本を読んでも、すべて条件をクリアする物件なんてないので、何をチェックすればいいのかわからないと言います。■専門家でも明確に答えられる人はほとんどいないこれは業界関係者の間でも、見方の分かれるテーマです。専有部分だけでなく共用部分の管理状況や管理組合運営など、いろいろなチェック項目について点数化して、総合点で良しあしを判断するべきという…
中古マンションを購入する際に見るべきポイント4つ「共有部分」「直天、直床NG」中古マンションの購入を考えている人もいらっしゃるでしょう。その中古マンションが良い物件かどうか、どこに注目して判断すればいいのでしょうか。中堅不動産ディベロッパーの営業マンに4つのポイントを挙げてもらいました。●「共用部分」をよく見る!その物件を見に行ったら、まず共用部分をよく観察することが大事だそうです。共用部分とは、エントランス、駐輪場、駐車場、共用廊下、ゴミ捨て場、屋上といった場所です。そのマンションがよく管理されているかは共用部分に表れるのだそうです。「共用部分が荒れていたりする場合は、少し考えた方が良い」とのことです。●新耐震基準はクリアしているか?耐震基準を満たしているかは大事なポ…
実は数字でわかる!関係者が明かす「いい不動産会社の見抜き方」そろそろ、1年で2番目に引越しが多いといわれる秋の引っ越しシーズンです。転勤などで引越しを考える際には、賃貸マンションやアパートを探すことになると思いますが、そんなときには、どの不動産会社にしようか悩むはず。そして選ぶ基準として多いのが、「全国的に名前が知られているような大きな不動産会社」だということではないでしょうか?たしかに大手の不動産会社には、「たくさん物件を持っていそうで、紹介してくれる件数も多そう」といった印象がありますが、実はそうではないのです。それどころか、街の小さな不動産会社も大手の不動産会社も、紹介を受けられる件数に大差はありません。なぜなら紹介物件のほとんどを、不動産会社し…

新築と中古、それぞれのメリット

マンションは新築?それとも中古?それぞれのメリットとデメリットまとめマンションの購入を考えるとき、迷いがちなのが「新築か中古か」。本当は新築マンションがいいけれど、予算の都合上中古マンションも視野に入れて検討中…というケースが多いでしょう。しかし新築と中古の違いは「価格」だけではありません。設備環境や保証・制度など、さまざまな面において相違点があります。そこで今回は、新築と中古の違いを徹底的に比較してみました。それぞれの長所や短所を把握して、自分のスタイルにマッチする住まいの形を見極めましょう。■まず気になるのは費用!新築と中古でどう違う?マンション選びの際、やはり最終的な判断材料ともいるのが「費用」。マンションは物件そのものの価格がメインになりますが、購入時…
新築・中古の特徴がひと目で分かるインフォグラフィックが登場-ReCasaリフォーム・リノベーションに関する情報サイト「ReCasa」を運営するリカサは、新築マンションとリノベーションの特徴をまとめたインフォグラフィック「マンション 住むならどっち!? 新築 or リノベーション」を同サイト上で公開した。同社と中古マンションの再生事業などを展開するアート・クラフト・サイエンスは、「住まいを楽しく見つめてみる」をコンセプトに、住まいにまつわる全般的な情報を視覚的にまとめたインフォグラフィックを共同でリリースしている。今回のインフォグラフィックは、新築とリノベーションそれぞれの特徴をイラスト付きでまとめたもの。例えば、相場価格は新築が平均4,581円なのに対し、中古は平…

中古マンションをリノベーションするという選択

中古マンション リノベーション業界初! 植物に特化したリノベーションプラン「GREEN DAYS」青山フラワーマーケットを運営するパーク・コーポレーションのグリーン空間事業「parkERsbyAoyamaFlowerMarket」(以下、「パーカーズ」)と、都心中古マンションの物件選びからリノベーションまで、ワンストップでサービスを提供しているグローバルベイスの「マイリノ」が業務提携を行い、植物の緑に溢れる空間で快適に暮らすための中古マンションリノベーション事業「GREENDAYS」を共同で展開します。緑を五感で感じられるリノベーション中古マンションリノベーション業界では初めての(※1)、植物に特化したリノベーションプラン「GREENDAYS」。パーカーズが大切にする、緑を使った公園のよう…
中古物件を新築当時よりグレードアップする「リノベーションマンション」専門サイトがオープン。住宅購入時に考えるのが、お金やロケーションの問題。新築マンションを購入しようと思っても、都心の人気エリアの物件は「予算的に厳しい」と悩む人も多いだろう。新築マンションの価格が高騰する中、いま注目されているのが、価値あるリーズナブルな「リノベーションマンション」だ。「リノベーションマンション」とは、既存の中古物件を「元に戻す」ことではなく、性能を新築当時の状態よりアップさせること。つまり「リフォーム」のように「回復」「修繕」し、新築当時のスペックを取り戻すのではなく、住まいの価値をさらに高めた物件のことである。例えば、壁を一部取り除きリビングを拡げる、床暖房を設置するなど、新築時にはなかった便利…

マンション買い替えの注意点

マンションの買い替えをする時のメリットとは?デメリットも押さえておこう!ひと昔前、「住宅は一生で一度の大きな買い物」とされましたが、マンションの買い替えをする方も増えてきています。買い替えをするにはどのようなメリットがあるのか、またデメリットはないのかについてこの記事では取り上げていきます。マンションの買い替えを検討している方は必見です。マンションを買い替える理由とは?国土交通省が発表した「平成27年度住宅市場動向調査報告書」によると、住宅購入者の15%近くが住宅の二次取得(買い替え)をしています。住宅を買い替える方は意外と多く、「ずっとここに住もう」という意識は薄らいできていると言ってもいいでしょう。マンションの買い替えを決断する理由は、現在のマンションに対する…
マンションの買い替え費用を解説!売却と購入の内訳は?「マンションを買い替えよう」と検討している方が最も気になるのが、費用総額です。買い替えにかかる費用は現在住んでいるマンションの売却にかかる費用、新しいマンションの購入にかかる費用、そしてその他の諸費用の3種に大きく分類されます。それぞれの費用がどのような内訳になるのかを簡単に知っておいて、買い替え計画の検討に役立てましょう。元のマンション売却時にかかる費用【仲介手数料】マンションの売買が成立した時点で仲介業者に支払う手数料です。業者によって金額はまちまちですが、不動産の場合は「売買価格×3%+60,000円+消費税」が上限とされています。例えば30,000,000円の物件なら、仲介手数料の最高…
ローンがあってもマンションは買い替えられる?!方法と注意点をご紹介!マンション購入にローン返済はつきものです。しかし、突然の転勤や家族が増えて手狭になってしまったなどの事情で、ローンを残した状態でマンションの買い替えが必要になる人は多いのではないでしょうか。そんなときに気になる、「ローンを返済してなくてもマンションの買い替えはできるの?」という疑問に、注意点とともにお答えします。マンションはローンを完済してからの買い替えが基本マンションの買い替えは現在のローンを完済してから行い、その上で新たに購入した物件のローンを組むのが通常です。ローンの完済が間に合わない場合は、マンションの売却で得たお金を返済に充てることになります。例えば20,000,000円のローンが残…
マンションを買い替えるなら?ベストタイミングと注意点数多くの物件を見て回り、予算と相談しながら悩みに悩んで購入したマンションも、生活の変化によって買い替えが必要になるケースが多くあります。マンション購入は人生の中でも最も大きな買い物のひとつ。後悔のない買い替えをするためのタイミングと、どんな点に注意したら良いのかについて考えてみましょう。ライフイベントは買い替えが必要になるタイミング買い替えの大きなきっかけになるのが、結婚や出産、進学、定年など多くの方に訪れるライフイベントです。同じマンションに永住することができればそれに越したことはありませんが、生活の変化に合わせてより良い住環境が必要になる場合は、買い替えを検討することになります。では、それ…
初めての方でも安心!マンションの買い替え方法と手順を理解しようマンションを買い替えたい場合、初めてだと何から手を付けていいか分からないものです。方法としては、居住マンションの売却を先に進めて新しいマンションを購入する場合と、先に新しいマンションの購入を進ながら売却を行う場合があります。ここでは、それぞれの手順と、買い替えを確実に進めるための買取サービスについてご紹介します。居住マンションの売却を先に進めて買い替えをする場合住宅ローンの返済が残っている場合などに一般的に採られることが多いのが、マンションの買い替えです。買い替えとは、居住しているマンションを売却して新しいマンションの資金にする方法です。新マンション取得の準備は、居住マンションの購入希望者が決…

キーワードからまとめを探す

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連くらしまとめ

新着まとめ

人気くらしまとめランキング


facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.