ビューティ情報『良質な睡眠は美肌も作る!幸せホルモンで快適な眠りを手に入れよう』

2019年10月20日 09:00

良質な睡眠は美肌も作る!幸せホルモンで快適な眠りを手に入れよう

良質な睡眠が取れないと、お肌の不調も招きます。睡眠の質を上げる方法は一見とても難しそうにも感じますが、毎日の生活習慣をちょっと変えることで改善していくことが可能です。今回は、そんな良い睡眠をとるための方法をご紹介していきます。

目次

・睡眠の曲がり角は肌より早い?
・睡眠ホルモンのメラトニンを作る方法
・朝に太陽光を浴びる
・朝食に大豆製品・卵・バナナを食べる
・睡眠の質を上げて美肌も手に入れよう

良い睡眠をとる女性

睡眠の曲がり角は肌より早い?

ベッドに座る女性

睡眠の曲がり角はお肌よりもかなり早く、10歳で迎えます。理由は、睡眠ホルモンのメラトニン分泌量が10歳でピークとなるため。そこから段々と下がるので対策が必要となります。

睡眠ホルモンのメラトニンを作る方法

朝日を浴びる女性

朝に太陽光を浴びる

太陽光を浴びると脳からメラトニンの元となる、通称幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌され、これが、浴びた16時間後にメラトニンに変わります。太陽光を浴びることで体内時計がリセットされると共に、メラトニンは体内時計によってコントロールされています。

もし、通勤中以外で直射日光を直接浴びるのが難しい時はカーテンを開け、明るい光を浴びるだけでも効果的です。太陽光を浴びる時間は1日30分を目安にし、曇りの時にも行いましょう。

朝食に大豆製品・卵・バナナを食べる

大豆製品や卵、バナナには、メラトニンの原材料となるトリプトファンが多く含まれています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.