ビューティ情報『やや太め・短め・輪郭ふんわり。大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ』

2017年12月12日 14:00

やや太め・短め・輪郭ふんわり。大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ

ポイントメイクのなかで、トレンドが刻々と移り変わっていくパーツのひとつが眉。少し前までは太めな眉が旬でしたが、太めでもなく、細めでもない「やや太め」な眉が最旬に。

いまの時代に合った美しい眉、美眉をつくる方法をご紹介する本連載では、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに眉メイクの基本から、なりたいイメージに合う眉メイクを伝授していただきます。

・大人かわいく見せる眉メイクの特徴
・1.目幅の3分の2くらい、やや太めに描く
・2.短めに描く
・3.上下のアウトラインをアーチ型にする
・4.眉頭をぼかす
第8回では「大人かわいく見せる眉メイクのやり方とコツ」をご紹介します。

大人かわいく見せる眉メイクの特徴

31


「大人かわいい」印象を与えたい――では、どんな眉メイクをすれば、大人かわいい雰囲気をつくれるのでしょうか。

芸能人でいうなら、佐々木希さんや白石麻衣さん、深田恭子さんなどが、大人かわいいの代表格。誰もが認める、大人っぽさもありながら、どこかキュートな印象を持つ方たちです。

彼女たちの眉に共通するのは、やや太めで曲線的な眉であること。以下に眉メイクの具体的な方法をご紹介します。

1.目幅の3分の2くらい、やや太めに描く

36


目幅の3分の2くらいの太さを意識して描きます。目幅の2分の1くらいの細さにすると、大人かわいいというよりも、色っぽい雰囲気に仕上がります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.