2015年4月16日 16:00|ウーマンエキサイト

“香りの年齢ケア” で若返る?! 「女性の加齢臭」対策、その秘訣とは

汗ばむ季節になり、汗や体のニオイが気になります。まわりのニオイだけでなく「自分のニオイの変化」にも気づいているでしょうか? 男性の加齢臭はよく話題になっていますが、女性にも年齢特有のニオイがあり、それに気づいていない女性も多いといいます。

“香りの年齢ケア” で若返る?! 「女性の加齢臭」対策、その秘訣とは

© konradbak -Fotolia.com


いい香りはリラックス効果をもたらしますが、加齢臭などの悪臭は他人にとってはストレスに! また、加齢臭老けた印象を与えてしまいます。アラフォー女性には、ニオイを防ぎ、いい香りをまとって自分を演出する“香りの年齢ケア”が必要となってくるのです。

アラフォー世代こそ、“加齢臭” に要注意毎日、忙しく過ごして生活リズムが不規則になりがちなアラフォー世代の女性はホルモンバランスを崩しやすいもの。さらに、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量は35歳を過ぎた頃から減少していきます。このホルモンバランスの乱れによって、体にさまざまな変化が起き始めます。加齢臭もそのひとつ。

“香りの年齢ケア” で若返る?! 「女性の加齢臭」対策、その秘訣とは

© Mila Supynska -Fotolia.com


「35歳を過ぎたら、ニオイケアを意識して」と提唱するのが、東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授であり、医療・美容ジャーナリストの宇山恵子さん。

宇山恵子さん プロフィール
“香りの年齢ケア” で若返る?! 「女性の加齢臭」対策、その秘訣とは
東京医科歯科大学非常勤講師、京都府立医科大学特任教授。医療・美容ジャーナリスト。
2009年、NPO法人更年期と加齢のヘルスケア認定「メノポーズカウンセラー」に合格。老人福祉の現場で書道講師としても活躍中。HP:http://www.kenbijuku.com/


「加齢臭が分泌される構造は男女ともに同じです。ホルモンバランスが乱れると体が酸化し、ニオイのもとになるノネナールが発生します。女性ホルモンには体のニオイを抑える働きがあるため、若い時は男性に比べてニオイが気になりません。ですが30代半ばからは、女性ホルモンの減少とともにニオイを抑える力も弱くなるため、女性も気になるように」(宇山さん)

加齢臭は酸化した脂のニオイで、よく、ろうそくチーズ古本などのニオイに似ているとも。男女ともに40代後半から本格的に発生すると言われていますが、ストレスなどによって、アラフォー女性でも発生する可能性が高いのです。

加齢臭が出にくいカラダをつくる 4カ条ホルモンバランスが乱れる原因は加齢だけにとどまりません。加工食品など添加物の多い食事睡眠不足、過度なダイエットなども遠因に。そして、ストレスこそが大きな原因になっています。

【 加齢臭が出にくいカラダをつくる 4カ条 】

その1:
自分の生理周期を知ること

生理周期がバラバラの場合、ホルモンバランスが乱れている可能性が。

その2:
体を酸化させない食生活を

ビタミン E、A、Cなどの抗酸化力のある食材を摂るようにしましょう。

その3:
太り過ぎない・やせすぎない

女性ホルモンのバランスがよいのは「ほどよく脂肪がついた体」です。

その4:
ストレスを逃す方法を知る

好みの香りをかぐ、大きなため息をつく、思いっきり体を動かす、イヤなことは人に話さず、すぐに忘れること。



新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.