産後は美乳づくりの最大のチャンス! 「垂れない! しぼまない! ママになっても美おっぱい」基礎編

2017年7月3日 15:00
 

はまだふくこ ライター
はまだふくこ

妊娠出産をきっかけに、女性は第二次性徴期以来のおっぱい変革期を迎えます。「できれば産後も美乳でいたい」というのは全てのママたちの願いですが、授乳・卒乳期を経て、「自分史上最大」おっぱいがあっという間に「自分史上最哀」の残念おっぱいになっちゃうことも…!

そんなママたちの不安に「産後は美乳づくりの最大のチャンス! 元のおっぱいよりも、ふんわり大きくすることも夢じゃない」というのは、美乳研究家でありながら保育士の資格経験もあるMACOさん。ご自身も出産を経て、現在子育て奮闘中です。

そんなMACOさん流のメソッドを、ママの間で話題の著書『垂れない! しぼまない! ママになっても美おっぱい』から紹介します。

目次

・ノーブラ上等! 産後はおっぱい混乱期
・産後は美乳づくりの最大のチャンスだけど…トラップがいっぱい!
・産後すぐの美おっぱい習慣、3つのポイント
『ママになっても美おっぱい!』美乳研究家MACO

■ノーブラ上等! 産後はおっぱい混乱期

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より
妊娠・出産はおっぱいにとっても大きな転換期。産後の育児は24時間休みなしであっという間に過ぎていきます。赤ちゃん優先の生活で、おっぱいはまるで母乳製造機! 授乳しやすいからと、マタニティブラやカップ付きキャミソール、ずっと家にいる日はノーブラで過ごしがちにもなることも。

ふと気がつけば「“女”としての私はどこへ?」「夫との関係も微妙に変化しているような気が…!?」と、内心とまどいを感じるママもいることでしょう。

とはいえ、授乳期のおっぱいは今までで一番サイズの大きなおっぱいです。授乳期はまだまだ敏感でもあるので、ここでムリなケアする必要はありません。まずはきちんとおっぱいの構造や状態を知っておいて、ふだん気にすべきポイントを押さえておくことが大切です。

■産後は美乳づくりの最大のチャンスだけど…トラップがいっぱい!

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

それにしても、産後に授乳を終えたおっぱいは、なぜしぼんだり垂れてしまったりするのでしょうか。その理由は、おっぱいの構造にあります。

おっぱいは、土台となる筋肉の上でじん帯と皮膚が乳房を支えています。筋肉や皮膚はケアで改善することができますが、おっぱいの内部にあるクーパーじん帯はゴムのようなもので、伸縮を繰り返しているとだら~っと伸び切ってしまいます。

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

そしてなんと伸び切ったゴムが元に戻らないのと同様に、一度伸び切ったクーパーじん帯は完全には再生しないのです。そのため、日常的に「伸ばさない」、不必要に「揺らさない」ことが重要となりますが、産後ママの生活にはトラップがいっぱい。授乳や抱っこで前かがみの悪い姿勢になるだけでクーパーじん帯は引っ張られ、たれ乳や離れ乳のリスクは高まります。

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

また、産後「自分史上最大」にサイズアップしたおっぱいは、授乳の役割を終えると元のサイズに戻っていきます。このときのおっぱいを風船に例えるとわかりやすいのですが、膨らます前は伸縮性があり、膨らみ切るとハリやつやが出てきれいなのに、そのあとに空気を抜くと伸縮性は弱くなり、しわしわに…。

美乳研究家MACO『ママになっても美おっぱい!』より

もちろん、「もともと貧乳だし、あんまり大きくないから関係ないわ」と思っているあなたも要注意! 「小さめサイズであっても垂れます、離れます、はみ出ます」と、MACOさん。小胸であっても油断は禁物なのです。




新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.