パーティの主役になれる、“見とれるメイク”4つの奥の手テクニック

2017年12月21日 20:00
 

かとうともみ ライター
かとうともみ

クリスマスやお正月など、年末年始はパーティシーズン。パーティではいつも通りのナチュラルメイクではなく、メイクも華やかにしたいですよね。普段のメイクに一手間加えるだけで、パッと華やかな顔つきになれるテクニックをマスターしておきましょう。

目次

・保湿にパール! ベースメイクはとくに念入りに
・くすみをオフ! シャドウとラインで目元にパール
・顔はもちろんデコルテにも、ハイライトで立体感&華やかさを演出
・リップラインでキュッと上がった口角に

ⓒ Konstantin Yuganov-stock.adobe.com


■保湿にパール! ベースメイクはとくに念入りに

パーティシーンでは頻繁なメイク直しが難しいことも。パーティの途中で崩れてしまわないよう、ベースメイクはいつもより念入りに行いましょう。

大切なのは、メイクをする前の保湿です。化粧水や乳液の2度づけやローションパックをするなど、普段の倍くらい手間をかけるつもりで、肌がふっくらするまで保湿ケアを行いましょう。

パール入りの下地を選ぶと、内側から発光するような自然なツヤを演出できます。下地を丁寧に塗ったあとはパウダーファンデーションで仕上げを。ファンデーションの色が明るすぎると、写真を撮ったときに白浮きしてしまうので気をつけてくださいね。

■くすみをオフ! シャドウとラインで目元にパール

顔の印象を大きく左右するアイメイク。お疲れ顔に見えてしまう目元のくすみも、メイクでしっかり解消しましょう。

パーティシーンでは、いつものメイクに加え、上まぶたにパールをオン。普段のブラウンメイクとなじみやすいシャンパンゴールドのシャドウを、アイホールにのせるのもおすすめです。

さらに、下まぶたのラインに沿ってパールをのせると、目元のくすみをキレイに見せつつ、うるんだ目元をつくることができますよ。

新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.