ビューティ情報『イマドキ“チークレス”を血色感の足りないオトナが取り入れるメイクテクニック』

イマドキ“チークレス”を血色感の足りないオトナが取り入れるメイクテクニック

2018年1月3日 12:00
 

2018年も、17年に続いてチークの存在感は薄めが吉。だけど、血色感の足りないオトナ女性にとって、それって顔色が悪く見えてしまい難しいもの。そんな女性は、どうやって取り入れるのが正解?

トレンド:リップメイク主役時代を経てアイメイクにも濃さ復活

チークは引き算が正解!

目次

・チークは引き算が正解!
・なぜならば、年々血色感が失われるから
・➀「チークはベースメイク」と考える
・②コントゥアリングで立体感を補う
・③血色カラーのハイライトに頼る
・「頬に血色をしっかり加える」のではなくその他の方法でリカバリー
Red lips and manicure


長きに渡り「リップメイク主役時代」が続きましたが、それが、2017年、アイメイクにも濃さが復活。目もとも唇も、しっかりメイクをするトレンドが訪れましたよね。それに伴い発祥したのが“チークレス”というメイクの方法です。

だって、全てのポイントメイクが強調されたらおかしいでしょ?それに、唇に血色が加わると、ある程度、チークなしでも顔色がよく見えるため、その方法を取る人もいるのです。

だけど日本人のオトナ女性に“チークレス”は難易度高め

なぜならば、年々血色感が失われるから

Portrait of smiling young woman at home


チークって不思議なもので、天然の血色を帯びている中高生は似合わないのに、それが徐々に似合うようになっていくもの。二十歳くらいのときは、濃いチークも薄いチークも、なんでも似合います。だけど、さらに年を重ねると、それはそれで、濃く入れてしまうと若作りのように見えてしまうのですよね?

だからといって、“チークレス”でOKかというと話は別。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.