ビューティ情報『「イタイおばさん」になりたくない!!“若者メイク”を卒業すべき人とそうない人の差って?』

「イタイおばさん」になりたくない!!“若者メイク”を卒業すべき人とそうない人の差って?

2018年1月13日 07:00
 

「カラーコンタクト」や「まつ毛エクステ」、「つけまつ毛」などは、一般的に“若者向けのメイク”という印象。これを、オトナの女性がしていると、なんだか「イタイ」?!だけど、中にはすっごく似合っていて素敵な人もいるもの。今すぐ卒業すべき人と、貫いていても素敵な人は、何が違うのでしょうか。そして自分は、どちらのタイプ?

みんな大好き「イタイおばさん」と「キレイなお姉さん」理論

自分の自由で何が悪い!

目次

・自分の自由で何が悪い!
・だけど・・・周りの目はどうしても気になる?!
・”イタく”ならないために大切なのは「全体の統一感」
・世界観が揃っていれば「素敵」に。オトナなルックスに一部組み込まれると「違和感」に。
・「ギャル」と言われたいならOK!「上品」になりたいならNG!
・髪や肌が若いならOK!若い女性・若い頃と比べてなにかが違うならNG!
・一定層の男性と同性にモテたいならOK!万人に評価されたいならNG!
大人の女性


日本のメディアが大好きな特集と言えば「イタイおばさん」談義。「イタイおばさん」と「キレイなお姉さん」なんて、女性の年の取り方を批評しては、盛り上がるのですよね。男性だっておじさんになるし、若い女の子もいずれ年を取るのに。

さらには、若くいようとすると「若作り・イタイ」、年相応に年齢を重ねたら「老けた・劣化」などと言われたい放題。女はいったいどこに向かえば良いのか?!と皆悩むもの。

基本的には、いくつになっても自分のしたいファッションやメイクを楽しむのが正解です。だって、自分の人生の主役は自分だもん!

だけど・・・周りの目はどうしても気になる?!

周りの目


とは言え、やっぱり気になってしまうのは、周りの目。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.