ビューティ情報『できてしまってからでは遅い?!シミの改善方法とは?』

2020年7月12日 20:00

できてしまってからでは遅い?!シミの改善方法とは?

シミの原因とは?

目次

・シミの原因とは?
・自宅や美容クリニックで正しいシミケアをしましょう
・紫外線対策、美白ケアをしてシミ知らずのお肌に
シミの原因とは?
出典:byBirth
シミの原因とは、表皮のメラニンという色素が蓄積されておこります。紫外線によってお肌がダメージを受けることで、メラニンが蓄積されていきます。

毎日の生活紫外線だけでもシミができてしまいます。何もケアをせずにそのまま放置していると、どんどんシミが濃く、大きく広がっていきます。従って、10代、20代で蓄積されたメラニンによって、30代から40代にかけて、シミがでてくることが多いです。

また、シミには、種類があります。シミの種類にあわせたケアが必要です。

老人性色素斑
老人性色素斑とは、加齢とともにできるシミです。頬やこめかみに丸くできることが多いです。生活をしていく中で、紫外線を浴びることによりメラニンが増え続け、薄茶色や、茶褐色のシミとしてでてくるものです。

炎症性色素沈着
ニキビや傷、虫刺されなどの炎症が跡となって残ってしまったものの事を、「炎症性色素沈着」と言います。ニキビを触ってしまったり、つぶしてしまったり、正しいケアを行わないことでニキビ跡が残ってしまうことが多く、あご下や頬にできやすいです。

雀卵斑(そばかす)
10代に多くできる、そばかすのことです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.