ビューティ情報『日焼け止めの刺激が気になる方におすすめ!ノンケミカル処方の日焼け止めをご紹介』

2020年8月9日 10:00

日焼け止めの刺激が気になる方におすすめ!ノンケミカル処方の日焼け止めをご紹介

敏感肌におすすめの日焼け止めとは?

目次

・&beUVミルク
・ETVOSミネラルUVセラム
・アクセーヌスーパーサンシールド ブライトフィット
・ミノンブライトアップベース UV
・ベアミネラルCR ディフェンス モイスチャライザー
敏感肌におすすめの日焼け止めとは?
出典:byBirth
普段何気なく使っている日焼け止めですが、実は種類によって成分にも違いがあるのをご存知でしょうか?中でも“紫外線吸収剤不使用”という表記のあるの日焼け止めは、肌が敏感な方におすすめのアイテムです。まずは成分による日焼け止めの違いを学び、自分に合う製品を見つけましょう。

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違い
紫外線吸収剤・紫外線散乱剤の違い
出典:byBirth
日焼け止めには「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」が含まれており、これら2つが紫外線から肌を守ってくれます。製品によってどちらか片方だけが使用されているものもあれば、両方を使用しているものなど処方は様々です。

紫外線吸収剤は、科学的な仕組みで紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーなどに変換することで皮膚に紫外線が浸透するのを防ぐ成分です。紫外線散乱剤に比べるとUV効果が高く、塗った時に白浮きしにくいというメリットがありますが、そのぶん肌が敏感な方にとっては刺激を感じる場合もあります。

対して、紫外線散乱剤は物理的な仕組みで紫外線を散乱、反射させることで肌を守ります。肌の表面にバリアを張るようなイメージで紫外線を防御するため、紫外線吸収剤と比べると肌への負担が軽いのが特徴です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.