ビューティ情報『「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう」という問題を解決に導く2つのステップ』

2021年3月12日 16:00

「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう」という問題を解決に導く2つのステップ

なぜ「腹筋エクササイズ」をすると腰が痛くなるのか?
まずは「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう理由」について触れておきましょう。

その理由として、骨盤が強く前傾して腰の反りも強くなっていることが考えられます。

その状態で腹筋エクササイズを行うと、腹筋ではなく「腸腰筋」という股関節前面にある筋肉が使われてしまうことになります。なぜなら骨盤が強く前傾していると、腸腰筋が優位に働いてしまうからです。腸腰筋には「股関節を曲げる」という働きの他、「骨盤を前傾させる」というそれもあるのです。

そのため益々骨盤の前傾と腰の反りを強めてしまうことになり、それが「腰の痛み」となって現れるのです。

また、骨盤の前傾が強いと、引き起こされるのは腰の痛みだけではありません!腹筋への効果もダウンしてしまうことにもなります。なぜなら腹筋に効かせるには、骨盤を後傾させる必要があるからです。

まさに「百害あって一利なし」の状態です。すぐに対処しておきましょう!

目次

・ステップ1:腸腰筋への静的ストレッチ
・ステップ2:骨盤後傾方向への動きを高める動的ストレッチ
・アブドミナルクランチ
・リバースクランチ


腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう理由
出典:byBirth腹筋エクササイズの効果を高める「2つのステップ」
それでは「腹筋エクササイズをすると腰が痛くなってしまう」という問題を解決に導く方法についてお伝えしていきましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.