ビューティ情報『「ちょい足し」で腸活の効果UP?ヨーグルトにプラスすべき食材5選』

2022年1月20日 16:00

「ちょい足し」で腸活の効果UP?ヨーグルトにプラスすべき食材5選

ヨーグルトの効果効能

目次

・シンバイオティクスとは
・バナナ
・アーモンド
・柿
・ココア
・ゆであずき
ヨーグルトの効果効能
出典:byBirth
ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が含まれています。善玉菌は腸内で悪玉菌が増えるのを抑えて、腸内環境を整える働きがあります。

腸には、免疫細胞の約7割が存在しているといわれているため、腸内環境が整うことで免疫力アップにつながります。

また、乳酸菌は老廃物を体の外に出す働きもあるため、肌トラブルの予防にも役立ちます。乳酸菌は、ビタミンB2やビタミンAなど代謝に関わるビタミンを多く含んでいるからだとのこと。

腸内環境を整えるだけでなく、美肌づくりにも役立つヨーグルト。食物繊維やオリゴ糖を含む食品と一緒に摂ることで、その効果がより高くなるといわれています。

シンバイオティクスとは

乳酸菌やビフィズス菌など、善玉菌を含むものを「プロバイオティクス」、食物繊維やオリゴ糖など、善玉菌のエサとなるものを「プレバイオティクス」といいます。

この2つを組み合わせて摂取すると「シンバイオティクス」といい、腸活の効果が高くなることが分かっています。

上記の内容をふまえて、ヨーグルトと組み合わせると腸活効果を高められる食材について、ご紹介いたします。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.