ビューティ情報『「ピンク=甘い・若い」は思い込み!”かわいい”以外のピンクメイク』

2017年4月1日 08:00

「ピンク=甘い・若い」は思い込み!”かわいい”以外のピンクメイク

ピンクって、可愛らしい雰囲気の女性や若い女の子にしか似合わない色だと決め付けてはいませんか?「ピンク」と言っても色のトーンには種類があるのです。色選び次第で、色んな魅力に出会えます。

「ピンク」も色味によってイメージが変わる

”クール”な女性は「青みピンク」

目次

・”クール”な女性は「青みピンク」
・”大人”の女性は「モーヴピンク」
・”大人カワイイ”を目指す女性は「コーラルピンク」
・”元気さ”も欲しいなら「サーモンピンク」
・”知的”なオーラは「ベージュピンク」
・ピンク「マスカラ」は”オシャレ”に決まる
・ピンクの「アイライナー」は”セクシー”な仕上がりに
・ピンクの「アイシャドウ」は色味次第で”自由自在”
・「チーク&リップ」は”ピンク初心者”さんでも取り入れやすい
Closeup woman hand with pink nails near lips.


「ピンクはカワイイ系の女性のみに許された色」と思われがちですが、そんなことはありません。青みのピンクであれば、クールなファッションの女性やセクシーな色気を放つ女性にも良く似合います。また、肌の色の白い女性は、その白さをより際立たせることが出来る色味でもあるのです。「透明感」が欲しい方にもおすすめです。

”大人”の女性は「モーヴピンク」

shutterstock_67424497


ややパープルのニュアンスを含んだ、くすみのあるモーヴピンクは、落ち着きのある色味のため大人の女性にも良く似合います。可愛らしさと大人っぽさを融合した色味は、若い女の子には少々難しいカラー。大人の余裕を見せる気持ちで取り入れて。

”大人カワイイ”を目指す女性は「コーラルピンク」

shutterstock_100341350


「歳を重ねてもカワイイを維持したい!だけど、イタイおばさんにはなりたくない。」そんな悩める女性におすすめの色味はコーラルピンク!その名の通り、サンゴのような淡いピンクはとてもかわいらしい色味です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.