ビューティ情報『98歳のピアニスト・室井摩耶子「長寿の秘訣はステーキと昼寝」』

2019年5月2日 11:00

98歳のピアニスト・室井摩耶子「長寿の秘訣はステーキと昼寝」

98歳のピアニスト・室井摩耶子「長寿の秘訣はステーキと昼寝」


「令和」の時代が幕を開けようとしている。しかし、どんなに医療が進歩しても、私たちが抱える“健康”への悩みは、消えるものではない。何歳になっても元気でいたい、大病にはかかりたくない。そのためには、何をどうすべきなのか。

その問いに答えてくれたのは、大正時代に生まれ、昭和、平成そしていままさに4つ目の元号を迎えようとしている人生の“大先輩”たち。彼女たちは、驚異的なバイタリティで、いまも表舞台に立ち続けている存在だ。

「音楽は、作曲者と“対話”をして、その考えを深く理解しなくてはいけません。たとえばベートーヴェンでも、同じ曲なのに、若いころと年齢を重ねた今とでは、音がまったく違って聞こえる。何歳になっても、音楽に“ゴール”はないんです」

そう言うと、室井摩耶子さん(98)は、自宅リビングのグランドピアノの前に座って、『エリーゼのために』を弾きだした。衰えを全く感じさせない、洗練された旋律が響き渡る。

「年齢のことなんて考えない。“まだ、足りない”“もっとうまくなれる”と続けていくうちに、4つ目の元号になっちゃいそう(笑)。95歳のとき、庭で転倒して大腿骨骨折という大けがをしてしまったんですが“ああ、ピアノ弾きたいな”と思うと、リハビリにも熱が入るのよ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.