ビューティ情報『絶対休めない医師は、風邪かな?と思ったらプールに入っている』

2020年1月31日 06:00

絶対休めない医師は、風邪かな?と思ったらプールに入っている

絶対休めない医師は、風邪かな?と思ったらプールに入っている


「風邪をひいたら安静にしているように」と言われた覚えはない?30年間、風邪をひいたことがない医師はプールで泳ぐというのだ!日々アップデートしている風邪の新常識とはーー。

毎日家事をこなさなければならない主婦たちは、風邪をひいたからといって休むことはできない。

「私は医師になって31年になりますが、これまで一度も体調不良で休んだことはありません。体調不良を訴えて訪れる患者さんと毎日接していて、人よりも何十倍も風邪をひきやすい環境にいるので、体調管理に気を配っています」

そう語るのは、池袋大谷クリニックの大谷義夫院長。

体調管理には3つの柱があり、マスクや手洗い、うがいなど「風邪・インフルエンザ」の予防を徹底し、食事など生活習慣を整えて基礎体力をつける、不調のもとになる睡眠不足や運動不足を解消することが基本。しかし、科学的に証明された予防法の論文からは、これまで常識と思われていた風邪の予防法がじつは“非常識”だったことがわかったという。

そこで、大谷院長が実践している風邪にならない新生活習慣を教えてもらった。

【1】風邪のひきはじめにプールで泳ぐ

風邪のときにはやってはいけないといわれている行動のひとつに「運動」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.