ビューティ情報『20代前半と同じじゃダメ! 断然キレイになる「眉とアイライン」大人の描き方』

2021年12月31日 20:30

20代前半と同じじゃダメ! 断然キレイになる「眉とアイライン」大人の描き方

メイク迷子の方は、流行を意識するよりも、骨格を活かした優しげラインにするのがオススメです。

20代前半と同じじゃダメ! 断然キレイになる「眉とアイライン」大人の描き方


やりがちなNG例として、上ラインから形を描いてしまうものがあります。まぶたがたるんだり、くぼんだりすると、間延びして見えがち。上ラインをしっかりと描くと、間延び感も増してしまいます。下ラインから形取るようにするだけで、若々しさがアップします。

また、アラサーの青春時代には、細眉が流行しましたよね。そのときの影響で、眉山にしっかりと角度をつけて描く方もいます。眉山の角度が急だと古臭く見えてしまううえ、強すぎる印象に。眉山がなだらかになるよう意識してみてくださいね。

最後はスクリューブラシで眉流れを整えるようにしましょう。このひと手間で眉に立体感が出て、骨格がキレイに見えます。

眉の太さや形は、自眉を活かすようにしてみて。流行に合わせて無理に太くしたり、長くしたりする必要はありません。自眉は骨格に沿っているので、ナチュラルな大人の魅力が出やすいですよ。

アイメイクはマスカラが鍵!

アイブロウだけでなく、アイメイクも一緒にアップデート。濃いめカラーでデカ目を目指すよりも、丁寧なまつ毛メイクで空白を埋めていくと良いでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.