ビューティ情報『晴れた日にやらないと“カビ”が生えちゃうかも… 「梅雨の晴れ間にやった方がいいこと」3選』

2022年6月19日 20:45

晴れた日にやらないと“カビ”が生えちゃうかも… 「梅雨の晴れ間にやった方がいいこと」3選

長雨が続く6月は湿気が多く、部屋の空気も重くなりがち。久しぶりに訪れる晴れの日は、ジメジメしやすい場所やレイングッズのお手入れをしておく絶好のチャンスです。そこで今回は、梅雨時期の晴れ間にやった方がいいことを3つご紹介します。

1.室内をしっかり換気する

目次

・1.室内をしっかり換気する
・2.クローゼットを換気してカビを予防する
・3.レインウェアのお手入れをする
晴れた日にやらないと“カビ”が生えちゃうかも… 「梅雨の晴れ間にやった方がいいこと」3選


梅雨時期のカラッと晴れた日には、窓を開けたり換気扇を利用したりして、室内をしっかりと換気しておきます。換気のポイントは、2か所以上の窓や扉を開けておくこと。筆者宅では、北側にあるお風呂場の窓と南側にあるベランダの窓を開けて空気の通り道を作っています。

24時間換気システムがあればONに、ない場合はキッチンやお風呂場の換気扇を積極的に利用して、短時間でもスムーズな換気ができるように工夫してみるとよいでしょう。

2.クローゼットを換気してカビを予防する

晴れた日にやらないと“カビ”が生えちゃうかも… 「梅雨の晴れ間にやった方がいいこと」3選


特にしっかりと換気をしておきたい場所は、クローゼットです。

窓がないクローゼットは換気しにくく、湿気がこもりやすい場所。ホコリや汚れが溜まりやすい環境で高湿状態が続くと、革製品やバッグが傷んでしまう可能性もあります。

以前、筆者も、気がついたらカゴバックにカビが生えていたことがありました。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.