子育て情報『生活習慣は「しつけよう」と思わないほうがラク?上手な教え方のコツ』

2020年2月25日 20:05

生活習慣は「しつけよう」と思わないほうがラク?上手な教え方のコツ

目次

・生活習慣を身につけるポイント
・1.親が気持ちに余裕を持つ
・2.できた喜びもできなかった気持ちも共感する
・3.自分でできることはさせる
・1・2・3歳にできる生活習慣は?
・食事
・歯磨き
・着替え
・トイレ
・早寝早起き
・1・2・3歳への声かけ方法
・お手本はパパとママ
生活習慣の教え方のイメージ


こんにちは、保育士の中田馨です。1歳が近付いてくると生活リズムが整ってきて、食事、睡眠、遊びを毎日だいたい同じ時間にするようになります。それと同時に歯磨き、手洗い、お風呂、トイレなど「生活習慣」のしつけを徐々に考える時期に入ってきます。

今回は年齢ごとの生活習慣を身につける方法を話します。

生活習慣を身につけるポイント

乳幼児が生活習慣を身につけるためにはポイントがいくつかあります。

1.親が気持ちに余裕を持つ

乳幼児に「手洗いはごはん前に毎回するのよ」と言ったところで、すぐにそれを自分でできるようになるわけではありません。3歳になっても、サッと洗面所に行けるときもありますし、遊びの途中でなかなか行動に移せないときもあります。親の「してほしい」気持ちと子どもの「したい気持ち」はなかなか一致しないもの。なかなか上手くいかずモタモタするので、イライラしてしまうこともあるかもしれません。生活習慣は、練習に練習を重ねてできるようになることも多いので「思い通りに行かなくて当たり前」くらいの大らかな気持ちで取り組みましょう。

2.できた喜びもできなかった気持ちも共感する

子どもは、ほめられるととても嬉しい気持ちになり、それが自信につながります。ですので、できたときは子どものうれしい気持ちに共感します。また、できなかったときは残念な気持ちや不安な気持ちになるかもしれません。そんなときも子どもの気持ちに共感し、「大丈夫だよ」と伝えて安心させましょう。

3.自分でできることはさせる

まだまだ身体機能が未発達です。時間がかかるし、うまくできないし、親がしたほうが何倍も早くスムーズにできることでしょう。でも、子どもがしていることを途中で止めること、最初から全て手伝ってしまうこともよくありません。「自分でできるところまで(最後まで)やってみる」という経験が自信につながります。

1・2・3歳にできる生活習慣は?

生活習慣と一言で言っても、大きなものから小さなものまでさまざまあります。1・2・3歳の子どもができる代表的なものを紹介します。

食事

食事は1日3回と1~2回のおやつの時間があります。例えば、1歳からできる食事の生活習慣は「いただきます」

関連記事
新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.