2019年11月22日 12:00|ウーマンエキサイト

子どものころ「ひとりっこ」が嫌だった本当の理由。親の視点で考えてみた【泣いて! 笑って! グラハムコソダテ Vol.39】

グラハム子
ライター
グラハム子
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

泣いて! 笑って! グラハムコソダテ

インスタグラムで人気のグラハム子さんによる、育児絵日記。イザム似の旦那さん、息子くん、娘さん、の4人家族が繰り広げる、楽しい日常を、あたたくてやわらかなイラストで綴ります。

こんにちは! グラハム子です。

突然ですが、私はひとりっこです。子どものころは、自分がひとりっこなのがすごく嫌でした。これを言うと、

「ひとりっこは家で遊ぶ相手がいなくて寂しいもんね」なんて言われます。

でも、嫌だったのはそんな理由ではありません。むしろひとりの時間が好きな私にとって、遊び相手がいないことはそんなに苦ではありませんでした。

では、何が嫌だったのかと言うと…

■その1、大人の言葉は世間話と分かっていても

グラハム子

私が子どもの頃、まわりの大人たちは会話の端々で、このようなことを言っていました。
(別に私のことを言っているのではなくても、大人の会話は意外と聞こえていました)

大人たちに悪気があったわけではないと思います。ただの世間話だとも分かります。

一番印象に残っているのは、小学校2年生のときのことです。教室内なのに友だちとふざけて走り回り、

グラハム子

先生に怒られました。まあここまでは当然のことだったと思います。

「連絡帳に書いておうちの方に伝えます」先生はそう言うと、連絡帳になにか書き始めました。
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
グラハム子
グラハム子をフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
グラハム子
グラハム子の更新通知が届きます!
フォロー中
グラハム子
グラハム子の更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る

ウーマンエキサイトで人気のコミックが動画でも!

チャンネル登録よろしくお願いします!

記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.