2019年12月14日 10:00|ウーマンエキサイト

子どもの‟安心毛布”、卒業させないとダメ? 母子の関係で考えてみた【そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」 第18話】

やまだ そのこ
ライター (主婦・アニメーション作家)
やまだ そのこ
確認中:通知を受けよう!
確認中:通知を受けよう!
ポップアップが出ないときは、リロードしてください。
通知方法確認
通知が許可されていません。 確認してください。
+フォロー:通知を受けよう!
フォロー中
確認中:通知を受けよう!
エラー。時間をあけてリロードしてください。
そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」

そんたんママときーちゃんの「はじめてづくし」

ものつくりが好きな主婦のそんたんママこと、やまだそのこです。5歳になる息子のきーちゃんと、漫画家の旦那と気ままな3人暮らし。子育てのなかで体験したびっくり、どっきりな「はじめて」エピソードをつづりま…

こんにちは! そんたんママです。寒くなり、夜は毛布が欠かせない季節ですね。

きーちゃんには“安心毛布”があります。その名も『きーちゃんのだいすき』。
赤ちゃんの頃から4歳の今まで、冬も夏も毎晩一緒に寝ています。

■安心毛布ってなに? メリットは?

きーちゃんの安心毛布

執着が強く、それなしでは眠れない、安心毛布。
毛布に限らず、ぬいぐるみなどを大切にしている人もいますよね。

『きーちゃんのだいすき』は、元は毛布ではなく私が出産時に買ったカーディガン。私がそれを着て授乳していたせいか、すっかり安心できるものとしてきーちゃんに取られてしまいました。

これがないとダメ! というのは困りものですが、逆に言えばこれがあれば大丈夫!

なので、赤ちゃん時代のお泊まりや病気の時は、何度となく『きーちゃんのだいすき』に助けられました。
心のよりどころがあるというのは最大のメリット!

■安心毛布、親の目で気になる点は…

安心毛布の懸念点

そんな安心毛布、親の目から見て気になるのは、衛生面「いつまで執着するんだ?」のずばり2点だと思います。

家にいる時はいつもいっしょ。床に引きずることもあるのですが、洗濯しようとすると嫌がるし(こっそり洗いますが)。だんだんとくたびれていく様を見ると「あまり清潔じゃないなぁ…」と感じることがあります。

ついつい似たような新しいものを買いなおしたくなりますが、きっとそういうことじゃないんですよね。
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知許可を確認中。ポップアップが出ないときは、リロードをしてください。
確認中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
通知が許可されていません。 ボタンを押すと、許可方法が確認できます。
通知方法確認
やまだ そのこ
やまだ そのこをフォローして記事の更新通知を受ける
+フォロー
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知が届きます!
フォロー中
やまだ そのこ
やまだ そのこの更新通知を受けよう!
エラーのため、時間をあけてリロードしてください。
確認中

新着子育てまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.